うなすけとあれこれ

2020年12月12日

サーバーサイドエンジニアとして2020年に使った技術

使用したプログラミング言語統計

2020年のフロントエンドエンジニアの技術スタックの一例 | potato4d D(iary)

この記事と、TLで「これのバックエンド版が見たい」という発言に触発されたので書いてみます。口語体と文語体が入り乱れてるのは許してください。

冒頭のグラフはwakatimeで生成した今年1年間のプログラミング言語使用率です。2位はTypeScript、3位はTerraform、4位はYAMLでした。

立場

フリーランスで、主にRailsやAWSを使用しているサービスの運用、開発に関わっています。いくつもの会社を見てきた訳ではなく、数社に深く関わっている1都合上、視野が狭いかもしれません。

公開している成果としては クラウドゲーミング最新開発事例 - #CEDEC2020 - Speaker Deck があります。

長年RubyとRailsを書いてきたので、技術スタックがそのあたりに偏っています。

利用した技術一覧

太字は特記事項があるものです。また、挙げている技術は「ある程度触った」くらいで記載しており、全てに習熟している訳ではありません2

各項目について、上のほうがよく使っているものという傾向がありますが、厳密ではないです。

主軸としてはRuby/Rails/AWSの主要コンポーネント というところでした。

特記事項

Ruby

今年も僕の主戦場はRubyでした。あと数年はRuby以外を軸に仕事をしていくことになるんじゃないかな……?ただ2020年らしいことは全くしていなくて、例えばRuby 2.7で導入された機能、Pattern matchingやnumberd parameterは使った記憶がないです。(Pattern matchingは使おうとしたが、愚直に書いたほうが短かくなったので断念)

TypeScript

今年はJavaScriptをBrowser console以外で書いた記憶がありません。

Rails

キャリアがRailsから始まっているので、思い入れがあります。また、新しい現場でもすぐにコードを書けるところは助かっています。とは言えコードが肥大化してくると何がどうやって動いているのか把握するのには時間がかかりますが、これはまあどんなものでもそうでしょう。 業界においてRailsが優位にあるとすれば、その実装速度の早さと、コードやデータ量、ビジネスロジックがある程度成長しても耐えられるRubyの表現力及びActiveRecordの底力があるように思います。あと数年は新規実装としてのRailsの立場は残っていると思います。それ以降はまた状況が変わっていると思うのでわかりません。

React/Vue.js

これを1つにまとめたのは、主にRails appに組み込まれたものを書いていたためです。TypeScriptもそうなのですが、JavaScriptに関しては既存のコードベースに手を入れるということはできても、設計を含めた0から書き始めるということができていない、できないのが自分の弱みだと感じているので、プライベートの時間ではキャッチアップをしています。

Docker

コンテナ技術はもう前提条件と言えるくらいには利用が広がっていますね。ECSやKubernetesをはじめとしたエコシステムの発展もあり、開発環境から本番環境までDockerで環境が統一されていることの便利さ、docker-compose一発で開発環境が準備できる手軽さは一度体験するともう戻れないと言っていいです。

Docker for Macが遅い遅いと言われ続けている昨今ですが、僕の環境においては許容範囲というか、あまりそこで困らなかった印象があります。大分改善されているのではないでしょうか。それとも僕が鈍いのか。

Fargate/ECS

業務としては一切Kubernetesを使用しませんでした。関わっている範囲だとこの2つで十分要求を満たすことができていました。

IntelliJ Idea系

これは、今年春から JetBrains All Products Pack を契約して使い始めました。これについては1本ブログ記事を書くつもりで下書きを温めていたのですが、この際ですからそれから引用する形にします。

Rubyを第一言語としていますが、PythonやGoなどで書かれたAPI serverの開発を素早く完了させる必然性が増えました。 これまでは腰を据えてプロダクトの全容をあらかた把握した上で開発を進めることが多かったのですが、とにかく素早く問題点を発見して修正する、それもあまり習熟していない言語で、という状況に置かれることが増えてきました。 それに、習熟しているつもりのRubyですら、今までにない大規模なアプリケーションの機能開発においては全容を把握しておくということが困難です。

また、DB clientとしてのDataGripが非常に便利なのは嬉しい誤算でした。

おわりに

あまりRails界隈でこういう記事をみかけない気がするので、他の皆さんはどうなのか知りたいので書いてほしかったり……年の瀬に1年を振り返ってみるのは楽しかったです。


  1. おおっぴらに言わないだけで探せばわかります 

  2. インターネット・強・パーソンの皆さまは、あれがないこれがないこいつはショボいとお叩きになられるのでは……とビクビクしています。 

Tweet
2020年12月12日