うなすけとあれこれ

2020年03月27日

OCI Runtime Spec v1.0.2 is coming soon

Oci runtime spec

以前、udzuraさんがOCI Runtime Specを簡単にまとめた以下のようなブログを書かれていました。

OCI Runtime Specification を読む - ローファイ日記

この記事にてまとめられているのは 95a6ecf であり、このrevisionから一番近いreleaseはpre-releaseである v1.0.0-rc2 です。

さて、 v1.0.2 のリリースがそろそろということもあり、ここでは簡単のため、v1.0.0-rc2からv1.0.2までの間に入った変更について見てみようと思います。ただし全部は取り上げません。

v1.0.0-rc3

https://github.com/opencontainers/runtime-spec/releases/tag/v1.0.0-rc3

rcの間は駆け足で行きます。 Windowsについての記述が追加されています。 #565, #573 それに関してか?consoleのサイズについての情報を格納するfiledが #563 で追加されています。これらはMicrosoftの人によるcommitですね。

v1.0.0-rc4

https://github.com/opencontainers/runtime-spec/releases/tag/v1.0.0-rc4

いくつかのresouceに負の値を指定できるようになっています。でもmemory usage limitとかに負を指定できて嬉しいんだろうか? #648

v1.0.0-rc5

https://github.com/opencontainers/runtime-spec/releases/tag/v1.0.0-rc5

platformについての記述がREQUIEDに指定されています。 #695 それに関連してWindowsやSolarisについての記述が追加されたり修正されたり。 #673

あ、rc4 で負の値を指定できるようになったいくつかのfieldで、またunsignedに戻されていますね。#704

libseccompのバージョンが v2.3.0からv2.3.2に上がっています。 #705

v1.0.0-rc6

https://github.com/opencontainers/runtime-spec/releases/tag/v1.0.0-rc6

最後のrc release。 WindowsでのCPU使用率についての記述がperecnt指定からmaximum指定になっていたり。#777 指定したいパーセントに100を掛けた値を設定するように読めますけども。

やっぱりmemory usageに負の値を指定できるようになりました。-1 を指定するとunlimitedの意味になるようですね。 #876

platformについてのfiledが削除されました。runcでは使用されておらず、image-specのみが気にすることだろうということで? #850

v1.0.0

https://github.com/opencontainers/runtime-spec/releases/tag/v1.0.0

first release!

disableOOMKiller がmemory section配下に移動しました。#896 breaking chnageとされているのはこれだけ。

v1.0.1

https://github.com/opencontainers/runtime-spec/releases/tag/v1.0.1

ほぼほぼwordingやtypo fixですね。当然ですけど。

v1.0.2 (予定)

https://github.com/opencontainers/runtime-spec/pull/1037

v1.0.1に比べるとたくさんあります。 差分は(多分)これ https://github.com/opencontainers/runtime-spec/compare/v1.0.1…c4ee7d1

hookが追加されました。 createContainer, startContainer, createRuntimeの3つです。代わりにprestartがdeprecatedに指定されています。LXCと同じ名前だとか。 #1008

memoryに関してcgroupのuse_hierarchyが使用できるようになっています。 #985 第3回 Linuxカーネルのコンテナ機能[2] ─cgroupとは?(その1):LXCで学ぶコンテナ入門 -軽量仮想化環境を実現する技術|gihyo.jp … 技術評論社

WindowsにおいてDeviceをschemaに含められるようになっています。 #976

libseccompが v2.4.0になり、SMCP_ACT_LOGが使用できるようになっています。#1019 syscallのlogを残すようにする設定? http://man7.org/linux/man-pages/man3/seccomp_init.3.html

また、実装の一覧にgVisor、kara-container、crunが追加されています。crunはOCIのC実装で、runcより高速に動作するようです。元々はRedHatのgiuseppe氏による個人project?がContainers org配下に移動しています。 https://github.com/containers/crun

まとめ

取り上げられていない変更がめちゃくちゃあるので気になった人は直接見てください。

Tweet
2020年03月27日