うなすけとあれこれ

2019年04月22日

Conference Week in Fukuoka 2019

RubyKaigi 2019

4/15からの1週間、福岡のConference Weekで何をしてきたのかという日記です。

#unasukefm 収録

カンファレンス開始前の15日には、GMOペパボで @udzura さんを相手に #unasukefm の収録を行いました。

Haconiwaについて聴いてる #unasukefm pic.twitter.com/gp67dELrVQ

— カルパス (@yoshi_hirano) 2019年4月15日

最新エピソードを配信しました。RubyKaigi 2019のLocal Organizerである @udzura さんにRubyKaigiの舞台裏、福岡移住の話、Haconiwaについて聴いています。ぜひ聴いて下さい - https://t.co/9JjFL6dOBv #4 - #kaigieffect (@udzura) by Railsdm Podcast #rubykaigi2019https://t.co/kjOtdiYJUO

— Railsdm (@railsdm) 2019年4月22日

ハッシュタグ #unasukefmの様子を見るに、皆さんに楽しんでいただけたようでなによりです。

実はudzuraさんを相手に収録をしたいというのは、Railsdm PodcastがunasukefmとしてSeason 2を開始したときからほとんど決まっていたようなものなのです。達成でき、HaconiwaやCloudNativeの話ができてよかったです。

CloudNative Days Fukuoka 2019

そして1番目のカンファレンス、CloudNative Days Fukuoka 2019に参加しました。

ここではKubernetesだけに留まらない、CloudNativeな技術に関する様々なトークを聞くことができました。特に僕が今課題を感じている点である、秘匿情報の管理についてVaultを使うケースを知れたのはよかったです。

懇親会でも、福岡でしか会えない方々をはじめ、Rubyコミュニティとはまた違うCloudNativeなコミュニティの方々とお話しすることができました。

RubyKaigi 2019

次に、1日挟んで迎えたRubyKaigi 2019です。挟んだとは言ったものの、僕は今回(も)helperとしてお手伝いする立場なので、17日も1日中設営作業をしていました。

https://photos.app.goo.gl/svaNw2jvBtzusJ259 ← 様子を軽くまとめました。

今回はネットワーク斑としてケーブルの敷設、同時通訳レシーバーの受け渡し、スピーカーへの同時通訳打ち合わせ案内などを主に担当しました。英語が咄嗟に出てこない&聞きとれないのがまだまだ課題として感じられる3日間でした。

なるほどね pic.twitter.com/jqoAAe4vng

— HolyGrail / 蜘蛛糸まな🕸️@新人VTuber (@HolyGrail) 2019年4月18日

2019年 pic.twitter.com/CCBO4FeLDX

— Yuki AKAMATSU (@ukstudio) 2019年4月21日

今になっても、「ああ、良かったなぁ」というふんわりとした感想しか出てきません。

Tweet
2019年04月22日