うなすけとあれこれ

2018年02月04日

落ちていたitamaeのintegration specを直しました

itamae readme

master build failed

itamaeの名前を久々に聞いたのは、昨年11月に行なわれた福岡Ruby会議02でのことでした。前夜祭でのまなてぃさんの発表でitamaeを使っているとの話を聞き、また、懇親会でまなてぃさんがPullRequsetを出したがテストが通らずmergeもしてもらえないという話を聞き、それからずっとitamaeのことがどこか頭の片隅にありました。

その後、転職記事でも触れましたが、業務でpuppetを置き替えることになったときに、ここはitamaeを使ってみようと考えました。そこでitamae-kitchen/itamaeを見に行くと、そもそもmaster branchのでのCIが(2017年3月から)failedになっていることに気づきました。

cookpadでの採用実績や、gihyoでの解説記事、バージョンも1.9を迎えるなどそれなりに成熟しているOSSと言って差し支えないでしょうが、masterのCIが失敗しているプロダクトにあまりいい印象はないでしょう。そこで、業務でitamae recipeを書きつつ、その合間と個人的な時間でitamaeのCIを直すことに挑戦しました。

fix CI

まずは手元で実行できるように

さて、では作業にとりかかろうとforkし、cloneしてbundle installを実行しましたが、まずこれが失敗します。原因としては、net-ssh gemが、itamaeが依存しているspecinfraで要求しているバージョンとvagrantが要求しているバージョンとで衝突しているせいでした。

itamaeが要求しているvagrantですが、ryot_a_raiさんがforkしたものであり、またその意図もよくわからなかったので、gem update vagrantをしてしまえと思いました。

なるほど。そもそもなんでforkしていたか忘れてしまった

— Ryota Arai (@ryot_a_rai) 2017年12月7日

しかしvagrantはある時点からrubygemでの配布をやめ、公式サイトからパッケージをインストールする方式になっていたので、そもそもvagrantへの依存自体を削除することにしました。

test-unitで落ちるspec

さて、落ちるspecを見てみます。

https://app.wercker.com/buildstep/58bf89e2ae336e01005e1487

ERROR :         Command `gem install -v 3.2.0 test-unit` failed. (exit status: 1)
ERROR :   gem_package[test-unit] Failed.

というわけで、test-unit gemのあたりでなにやら失敗しているようです。このrecipeを見ると、以下のようになっています。

gem_package 'test-unit' do
  version '3.2.0'
end

何の変哲もないgem_packageですが、何故失敗するのでしょうか。

test-unit gemは、power_assert gemに依存しています。power_assert gemの内部で、%i を使用しているコードがあるのですが、integration specで使用しているubuntu trustyのRubyが1.9.3でまだこのリテラルに対応していないために、power_assert gemのインストール(RDocの生成)に失敗してしまいます。

https://github.com/k-tsj/power_assert/blob/180b0c0fe619f4619d91e25b1d09b30f3df2f14c/lib/power_assert/parser.rb#L61

itamaeのintegration specでは、trustyにbuilt inのRuby(1.9.3)を使うんだけど、Ruby 1.9.3には %i がまだ実装されてないからpower_assert gem v1.1.1のinstallで落ちるんだ……

— うなすけ (@yu_suke1994) 2017年12月10日

まあそれはそうなんですがEOLなRubyのためにアレコレするのはちょっとどうかなーと思っているので、普通にRuby 2.2以上を入れたい気持ちです。

— うなすけ (@yu_suke1994) 2017年12月10日

なので、ubuntuをtrusty(14.04 LTS)ではなくxenial(16.04 LTS)にアップグレードしてしまいました。

パッケージがインストールできなくなる

ある程度覚悟していましたが、ubuntuをアップグレードした結果、バージョンを指定していたパッケージのインストールに失敗するようになってしまいました。 これは、単純にバージョンを有効なものに変更するだけで済みます。これでslのバージョンが上がり(?)ました。

 package 'sl' do
-  version '3.03-17'
+  version '3.03-17build1'
 end

rcスクリプトを参照するrecipeが存在する

とりあえず、以下のrepiceを見てください。

service "nginx" do
  action [:enable, :start]
end

execute "test -f /etc/rc3.d/S20nginx" # test
execute "test $(ps h -C nginx | wc -l) -gt 0" # test

service "nginx" do
  action [:disable, :stop]
end

execute "test ! -f /etc/rc3.d/S20nginx" # test
execute "test $(ps h -C nginx | wc -l) -eq 0" # test

https://github.com/itamae-kitchen/itamae/blob/2c57ecc2f085643a47a7d509040685dbecde8bc7/spec/integration/recipes/default.rb#L246

見てわかるように、rcスクリプトを参照しているrecipeがあります。しかし、ubuntu xenialにアップグレードしたことによって、initがUpstartからsystemdへと変化しました。その結果、rcスクリプトは利用できなくなってしまい、このrecipeは適用できません。(この辺ちゃんとした理解ができてないです)

ただ、rcスクリプトを使用したコマンドの内容自体は、続く行で実行している ps にて担保できているとみなせます。なので、rcスクリプトを使用しているrecipeを削除することで対応しました。

複数回実行したときに落ちる場所が変わるspec

新規に起動したVMに対してspecを実行する場合と、それが失敗して、もう一度そのVMに対してspecを実行する場合とで、落ちるspecが異なることに気付きました。

原因調査のためにvagrant sshなどでVMに入り調べたところ、以下のspecでその問題が発生していました。

execute "mkdir /tmp/link-force-no-dereference1"
link "link-force-no-dereference" do
  cwd "/tmp"
  to "link-force-no-dereference1"
  force true
end

execute "mkdir /tmp/link-force-no-dereference2"
link "link-force-no-dereference" do
  cwd "/tmp"
  to "link-force-no-dereference2"
  force true
end

このmkdirを実行している部分です。mkdirは、既に存在しているディレクトリを対象にして実行するとエラーを返します。一度目の実行で作成されたディレクトリが残ったまま、もう一度recipeを適用すると、作成対象のディレクトリは既に存在しているためにエラーになってしまいます。

なので、このexecuteに対してnot_if制約を追加することにより、エラーが発生しないようにしました。

これについては、一度作成したVMに対して複数回specを流す場合に発生する問題で、CI上では都度インスタンスを作成するために問題になりません。 また、mkdir-pを追加することでも回避できるでしょう。

mkdir -p でうまくいったりしないの #wakate2018w

— why/橘和板 (@whywaita) 2018年2月3日

解消できなかったsticky bit問題

とあるrecipeの実行で、net-scp gemが例外を吐いて落ちる、という問題が発生しました。

file '/tmp/file_edit_with_suid' do
  action :edit
  owner 'itamae2'
  group 'itamae2'
  mode '4755'
end

これについては、エラーの内容、backtraceが深いこと、recipeの実行そのものには成功していることなどから、深追いするのは諦めました。実力不足とも言えます。

なぜか以下のような変更をすることによって回避できるので、workaroundである旨をcommit message書いておきました。

 file '/tmp/file_edit_with_suid' do
-  action :edit
   owner 'itamae2'
   group 'itamae2'
   mode '4755'
end

Rakeが複数インストールされている

実はこれまでに挙げた問題というのは、specを実行する前段階であるrecipeの適用段階で発生していた問題でした。integration specでは、まずVMに対してitamae repiceを適用してから、そのrepcipeが正しく適用されているかの確認のためにserverspecを実行しています。

という訳で、やっとserverspecが落ちているところまで辿りつきました。次のようなspecです。

describe command('gem list') do
  its(:stdout) { should include('rake (11.1.0)') }
end

内容としては、rake gemのversion 11.1.0が入っていることを期待するもので、repcipeにも同様の記述が存在しています。

しかし、同様にrepcipeでのインストール指定を行なっているbundler 1.16では、rakeのversion 10系をdependencyとしています。 そのために、gem listの実行では複数versionのrakeがインストールされている事実が返ってくるので、文字列 'rake (11.1.0)' のmatchに失敗します。

これについては、文字列の末尾の閉じカッコを削除し、複数versionのrake gemがインストールされている状態でも通るようにしました。(あまり筋がいいとは思えませんが……)

test-unit gemが存在してしまう

test-unit gem、2回目の登場です。

以下のrepcipeにより、test-unit gemは削除されているはずなのですが、実際にはtest-unit gemは削除されておらず、specが落ちてしまいます。

gem_package 'test-unit' do
  version '3.2.0'
end

gem_package 'test-unit' do
  version '3.1.9'
end

gem_package 'test-unit' do
  action :uninstall
end

これは、ubuntuがxenialにアップグレードされたことに関係しています。 xenialでは、Ruby 2.3.1がaptからインストールされますが、Ruby 2.3.1では、test-unit gemをdefault gemとして扱っています。

そのために、test-unit gemをuninstallすることができず、specは落ちる、ということでした。

これについては、このspecを削除することで対応しました。

wercker.ymlの書き直し

さて、これでローカル環境でspecが通るようになったので、CIであるwerckerで実行できるようにしなければなりません。

しかし、Vagrantのインストール方法を変更したので、wercker.ymlの内容を変更する必要があります。

まずは愚直に、Ruby officialのdocker imageをboxに指定してみましたが、Vagrantの起動に失敗します。エラーの内容を見ると、modinfoが存在していない、というものでした。

しかし、色々調べてみたところ、docker container内でmodinfoをインストールすることはできないようです。

(数ヶ月前のことなのでどこを参照してその結論に至ったかは覚えてないのですが、今ruby:2.3.1のimageに対してapt install kmodを実行すると、インストールできるので、この認識が間違っている可能性は大いにあります。 しかし、modinfoの実行自体も、様々なmoduleに対して実行してもエラーが返ってくるので、やはり一筋縄ではいかないようです)

よくわからんなー状態になっていたのですが、そういえばsue445さんがitamae pluginをCIすることに一家言ある方だったことを思い出し、そのwercker.ymlを参考にすることにしました。

34歳になった&itamaeプラグインを本気でCIする #omotesandorb - くりにっき

そして紆余曲折あり、drecom-ruby imageを使用してVagrantのインストールと実行に成功するようになりました。

sue445さんのアドバイス in itamae.slack #random

Pull Requestの作成

これでなんとかようやくCIがpassするようになったので、pull requestを作成しました。

Fix failing integration spec (including workaround) by unasuke · Pull Request #253 · itamae-kitchen/itamae

#253

これに取り組み始めたのが12月の頭、PullReqの作成が1月の末であることから、まるまる2ヶ月の間、格闘していたことになります。実作業時間は恐らく1週間とちょっとくらいだと思いますが……

12月のESMさんでのOSSパッチ会でもくもくしていたのが遠い昔のように思えます(その時はmkdir問題に取り組んでいました)。

このPullReq自体も、wercker pipelineの編集が必要なためにCIは落ちているのですが、仕方ないですね。

情報科学若手の会冬の陣2018での発表

情報科学若手の会冬の陣2018 #wakate2018w - connpass

また、これに関して、情報科学若手の会冬の陣2018で発表してきました。以下が資料となります。

unasuke/wakate2018w_talk

Tweet
2018年02月04日