うなすけとあれこれ

2017年08月14日

Hyper.shでTwitter botを運用する

hyper.shのコンソール

Hyper.shとは

Hyper.sh - Container-native Cloud

Hyper.shは、とても手軽にDocker containerをhostingできるサービスです。課金は秒単位で行なわれ、一番安いプランだと月に$1ちょっとしか費用がかかりません。

これを使って、特定の単語に反応するTwitter Botを運用してみます。

Twitter Botを作る

Applicationの作成

Twitter Application Management

まずはここからCreate New Appします。Consumer KeyConsumer SecretAccess TokenAccess Token Secretを入手します。

Bot本体の作成

今回つくるBotは、特定の文字列からなるDMを受けとったときに返信するというものです。

require 'logger'
require 'twitter'
logger = Logger.new(STDOUT)

config = {
  consumer_key:        ENV['CONSUMER_KEY'],
  consumer_secret:     ENV['CONSUMER_SECRET'],
  access_token:        ENV['ACCESS_TOKEN'],
  access_token_secret: ENV['ACCESS_TOKEN_SECRET'],
}

rest_client = Twitter::REST::Client.new(config)
logger.info 'REST client initialized'

streaming_client = Twitter::Streaming::Client.new(config)
logger.info 'Streaming client initialized'

streaming_client.user do |tweet|
  if tweet.is_a?(Twitter::DirectMessage) && %r[\A年収\z].match?(tweet.text)
    logger.info "Recieved DM #{tweet.text} from #{tweet.sender.screen_name}"
    rest_client.create_direct_message(tweet.sender, "#{ENV['ANNUAL_INCOME']}万円")
  end
end

このようになりました。

unasuke/annual-income-bot

Hyper.shにdeployする

さて、まずはこのDocker imageをDocker Hubにpushします。 unasuke/annual-income - Docker Hub

次に、hyperの中にpullしてきます。hyperをローカルマシンと同様のものだと考えるとわかりやすいかもしれません。

$ hyper pull unasuke/annual-income:v0.1.1

そして、docker-compose.ymlを作成してあるので、次のコマンドでもうBotが動作し始めます。

# project名にハイフンが使えないと怒られたので直接指定
$ hyper compose up -d -p unasuke_annual_income

という訳で、僕に「年収」とだけ書いたDMを送ると僕の年収が返ってきます。

超簡単Hyper.sh

どうですか、Hyper.sh。ちなみにプランは自動で決まるのか、僕のBotはS4(月$5.18)で実行されています。

以下にinvitation linkを置いておくので是非活用してください。 https://console.hyper.sh/register/invite/yApE4Arn3osDm9RPDG3LuLJPj1BwR8fK

訂正(2017/08/15 00:27)

デフォルトでS4になり、docker-compose.yml内で指定できるそうです。

Compose File Reference | Hyper.sh User Guide

Tweet
2017年08月14日