うなすけとあれこれ

2017年12月14日

kosen10sにpaymoを導入して

paymo アプリ画面

kosen10s Advent Calendar 2017

#kosen10s Advent Calendar 2017 - Adventar

13日目です。

始まりは秋吉会

8月22日の秋吉会、直前に旅行をしてきたこともあり、僕は現金が枯渇していました。 具体的には、秋吉会での割り勘で確実に足りる、という額は財布に無く、かといって数万円を口座から引き落とすとカードの請求額が払えなくなる、というカツカツっぷりでした。

このような状況だと、一旦僕がカードで払って、他のみんなには人数頭で割った金額を渡してもらう、という割り勘手法になるかと思います。

割り勘面倒問題

でも、そもそも割り勘って面倒ではないですか?人数で割り切れない金額になることもありますし、割り切れたとして、金額をその額面丁度で支払えることなんて稀です。 ざっくり千円単位に丸めて、貸し借りの概念が発生するのもどうかなーと思います。これは気分の問題ですが。

割り勘アプリ

さてその時、ちょうど割り勘アプリがいくつか出てきていました。その時検討対象だったのは、PaymoとKyashでした。

Paymoはレシートの撮影が必要という手間は必要ですが、そのおかげで収納代行業者として機能するので、割り勘した金額をあとから銀行に振り込むことができます。

参考 ユーザー体験から紐解く「個人間送金」アプリの仕組みと歴史(日本編) | hajipion.com

なので、Paymoを使うことにしました。

秋吉会以降

秋吉会で、さく、どくぴー、でなり、puhitakuにPaymoを使ってもらいました。その時の体験が良かったので、以降のkosen10sのイベントで割り勘が必要になったときも、Paymoが使われるようになりました。

僕が記憶しているうちで、Paymoによる割り勘が行われたkosen10sのイベントは以下の3つです。

まとめ

現金レス割り勘、超便利です。

訂正

2017-12-17 kosen10s Advent Calendar 2017 へのリンクを追加

Tweet
2017年12月14日