うなすけとあれこれ

2016年05月03日

高専カンファレンス lolに参加しました #kosenconf-101lol

名札

高専カンファレンス lol

前回の高専カンファレンス100 in 東京に続いて、関西地方で大規模な高専カンファレンスをするとのことで、これは行くしかないだろう、ちょうどゴールデンウィークもあるし。ということで、いい感じに弊社にインターンシップでいらっしゃっていた実行委員のやましーさんから飛行機がいいと聞いて飛行機で行くことにしました。

発表申し込み

カンファlol、発表するとして何を話せばええんや

— うなすけ(ミートアップ) (@yu_suke1994) 2016年3月25日

実際のところ、発表する、できることなんて何も思いつかず、「参加して皆の発表聞きに行くだけかな〜」と考えていました。(やましーさんからめちゃくちゃ「うなすけさん発表しないんですか」と詰められている)

そしたら、僕のスポンサーのとある方からこういうtweetがありました。

うなすけくんにカップル専用アプリの話をして欲しい

— 死後裁きにあう (@cyclonext01) 2016年3月25日

そんなわけで、カップル専用アプリについての発表と、実際に触ってもらえるようブース発表も申し込んだところ、ブースの方は選考を通過しました。

まさか、と思いました。

カンファlolでカップル専用アプリの話をします

— うなすけ(ミートアップ) (@yu_suke1994) 2016年3月25日

当日

発表

研究の話とか、教育の話がある一方、地名の由来、コンクリート、はたまたライブドメイン取得などアツい発表がたくさんありました。ひとつひとつを取り上げて感想を述べることはしませんが、僕はここで発表しなくてよかった……と思います。

ブース

想像以上に引かれてヘコむ。

やったことといえば、カップル専用アプリの中で有名と思われるものを選択し、まとめた資料を展示。また、それらアプリをインストールした端末を2台設置して自由に触ってもらうということです。

感想の大半が「LINEじゃん」だったので、そうだね〜〜〜〜〜〜〜〜〜そうだよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜という気持ちで、言うなれば罰ゲームでした。なんならブース発表者用の名札も貰っていなかったので疎外感でした。みんなカップル専用アプリにもっと興味を持っていいと思います。

懇親会

スポンサーでいらっしゃっていたGitHubの方2人のうち、1人は見るからに外国の方でした。あまり話しかけられてもいない様子で1人で座っておられたので、勇気を出して話しかけたところなんと日本語が話せる方でびっくりでした。その方はテクニカルサポートをしていて、リモートで働いているとのことでした。やはり問い合わせもメールベースにできるとサポートの方もリモート業務ができていいですね。弊社ではどうしても電話による問い合わせの必要があるのでできないのですが。

で、GitHubの方2人のうち、もう一方はなんとdiceさんで、「やべえRebuild.fmのあのdiceさんが目の前にいるやべぇ」みたいになりました。

diceさんもGitHubパーカーを着ていたのですが、GitHub「の」パーカーはあまり気に入ってないらしく、TMIXかユニクロで迷ったところ、生地がわからないのでユニクロにしたとのことでした。ということでショールームを紹介させていただいたところ、いらしてもらえるとのことで、ヤッターという感じです。よかったですね。

よくなかったこと

ちょっと批判ぽくなって申し訳ないのですが、よくなかったと僕が感じたことを1つだけ挙げさせていただきます。

サブスクリーンなのですが、1つ1つのツイートを色の円の中に入れてぽわぽわさせるという仕組み、大変綺麗で、さぞ実装には苦労したことかと思います。しかし……しかし、中央前から3列目に座っていた僕でさえ、ツイートの中身を読むことはできませんでした。そういう意味で、運営側の自己満足になってしまったかな……と感じます。

ツイートは読みやすいように普通に上から下へ流して、その背景にツイート数に応じてぽわぽわを増やしていく、とかにしても良かったかな、と思います。

2016-05-04 追記

ブログありがとうございます!
サブスクリーンぽわぽわの中身は全く読んでもらうつもりはありませんでした!!(みんな手元で見るでしょ)
高専カンファレンス lolに参加しました #kosenconf-101lol | うなすけとあれこれ https://t.co/bt5OssEPuS

— やましー@筋肉そんなにすきじゃない (@yamasy1549) 2016年5月3日

とのことです。なるほどなるほど。

感想

今回のカンファは、スポンサーを積極的に募集したこともあるのか、チロルチョコだったり、GitHubステッカーやlolのステッカー、Tシャツなど、さまざまな仕掛けが用意されており、高専カンファレンスの新たな形を示すことができたのではないかなと個人的に思います。

次は茨城ですね!!

Tweet
2016年05月03日