うなすけとあれこれ

2014年07月19日

.vimrcのset nocompatibleのお話とごめんなさいな話

半ばおまじないと化したset nocompatible

.vimrcを書くときに、僕達初心者は色々なサイトを巡って「これが良さそうだな」とか「これはみんな書いてるから書いとこう」とか考えて、設定をちまちま書いていく。 そのなかで、この設定を書く人も多いだろう。

set nocompatible

このコマンドは、vi互換の動作を無効にするコマンドである。

vim-jp/issuesを巡っていて

さて、この設定について、こんなissueがあった。 compatible について解説したほうが良いか? #471

それに関連する形で、このURLが張られている。(issue内URLはリンク切れのため同等記事掲載) vim-jp » Hack #179: ‘cpoptions’, ‘compatible’について知る

どうやら、.vimrcが存在するする時点でnocompatibleが成されているのと同じらしい。それに、履歴が20まで削られちゃうっぽいし、消してもいいんじゃね。

謝罪

commit messageにissueへのURLを張ったら、本家issueへreferencedとして表示されてしまうようになりました。 GitHubのシステムについて無知な故、これによって迷惑をかけた方々がいらっしゃいましたら、深く謝罪します。 そんな深刻な問題でもない気がしてきた。

Tweet
2014年07月19日